本文へスキップ
ホーム 会社案内 方 針 お問合せ

方針

勧誘方針
基本方針
 1.弊社は、顧客の立場に立ってその意思を尊重し、また、諸法令及び弊社が定めた取扱ル−ルに従い、 誠実かつ適正な募集活動を行い、社会貢献していきます。
   2.弊社は、より質の高い顧客サ−ビスを提供することに努めます。
  3. 弊社の社員及び募集人の知識や説明スキルの向上を図る為、教育研修を更に充実強化していきます。
   
 勧誘方針
   適切な勧誘
   保険業法等の諸法令を遵守し、適正な保険募集体制を構築することを宣言します。また、契約者や被保険者の「 申込内容の了知(理解)及び本人の意思確認」を重視し、「クリ−ン(良質)な契約」を積み重ねていくことをお約束します。
   【適切な勧誘方針の遵守】
   1)保険商品の特徴・仕組だけでなく、顧客の不利益やリスクとなる事項等、その他の重要事項を必ず説明・確認し、 契約締結に際して「ご契約のしおり・約款及び確認書」等を通じて顧客にご理解・ご納得いただきます。
   2)不利益の事実やリスクを顧客にご理解・ご納得いただくだけでなく、不利益事実やリスクが存在するのに存在しないと顧客から 誤解されることのないように注意を尽くします。
3)顧客への訪問や電話をする時間帯は、顧客との約束があるかまたは正当な理由がない限り、午前8時から午後9時までとします。 また、顧客からのご招請があった場合であっても、顧客のご都合に配慮し、特に、顧客の業務時間中や夜間等の勧誘においては、 顧客の事前の要請や承認があった場合にのみ勧誘を行い、顧客のご迷惑となる時間帯である旨の申し出があった場合には勧誘を行いません。
4)顧客と直接対面しない、いわゆる非対面募集については、説明効果のある資料を作成し、説明方法等に工夫を凝らし、 より多くの顧客にご理解頂けるよう努めます。
5)威迫的な勧誘、契約上の地位等を不当に利用した勧誘、執拗で迷惑な勧誘、顧客の意思に反する不退去、監禁等、 顧客を著しく困惑させるような行為は厳格に禁止します。
6)高齢者等の勧誘については、有価証券投資や通常の商取引の経験や知識等、より顧客の年齢その他の属性に十分に配慮し、 顧客の不利益やリスクを理解出来るように説明します。
(7)お客様からお預かりする公金については、遅延なく処理を行うとともに、私金とは厳格に区別して取り扱います。また、 契約者に保険料の割引・割戻し・立替え、その他、特別利益の提供を行ったり、約束したりしません。
 (8)契約者や被保険者本人の意志確認を実施し、特に被保険者の同意は必ず確認します。
   9)契約者や被保険者には、告知義務があること、また、この義務に違反した場合は保険契約が解除されることを説明し、 漏れなく正しい告知が得られるように努めます。
   (10)不実告知をせず、また確実でない事実について断定的な判断を提供しません。また、 事実でないことを事実と誤認したり、確実でない事実を確実と誤認することがないように社員・募集人を教育します。
   適合性の原則
   (1)契約の提案・勧誘にあたっては、顧客の知識・経験・希望・必要性・資力・財産その他の属性を勘案し、 妥当な保険金額・給付金額等の保険契約の勧誘を行い、顧客の保険加入の目的に照らして適当と認められる商品の設計・提案・説明を行います。 そのために「顧客・商品」についてよく理解し、そのうえで勧誘に適するかどうかを判断します。また、保険商品の仕組・特徴に加え、 元本欠損等のリスクの程度、リスク・リターンの全体像については必ず顧客のご理解を得るようにします。
   (2)顧客の状況・属性を十分に理解する必要があるとともに、顧客のご協力が不可欠であることのご理解が必要です。 顧客の取引経験・資力・財産その他の属性によっては、当社の保険契約の提案・勧誘を控えさせていただく場合もあります。
   (3)変額保険・変額個人年金保険等のように、顧客がリスクを負っている商品の販売にあたっては、 顧客の加入目的や投資経験・知識及び財産状況等に照らして適当と認められる提案・勧誘を行います。
   本人確認
   保険契約におけるモラルリスクの発生の防止やマネ−ロンダリングの防止等を目的として、保険契約者や被保険者の本人確認を必ず行います。 また、保険契約者と被保険者が異なる場合は、被保険者の同意を確実に得るものとします。
   募集資料の取扱い
   募集資料は、弊社の定めた規程に基づき作成・審査された資料を使用します。
   誤認防止
   生命保険商品の中でも、変額保険・変額個人年金保険及び定額保険を明確に区分し、誤認を招くことがないよう厳重に取扱いします。
   説明義務
   (1)保険契約等の加入に関わる顧客の判断を左右すると客観的に考えられる重要事項(ご契約のしおり・約款に記載)については、 弊社の社員や代理店募集人が適切な説明を行うよう指導を徹底します。
   (2)顧客が保険商品の十分な理解を得られた証として、弊社では、「ご契約のしおり・約款及び確認書」等の書面を交付したうえで、 保険契約者等が内容の説明を受け、保険申込書に契約者の了知・受領の確認印の押印がなければ、契約の引受承諾をいたしません。
   顧客情報の保護
   業務上知り得た顧客の情報については厳重な管理を行い、顧客のプライバシ−保護に努めます。
   事故処理
   万が一保険事故が発生した場合、事故の解決と保険金のお支払いについては、適切な助言と迅速かつ的確に 処理が行われるように努力してまいります。
   
個人情報保護に関する基本方針 【プライバシーポリシー】
   弊社は、個人情報保護の重要性とお客様の信頼に基づく責任を十分認識し、 個人情報について厳正・適切なお取扱いを行うことを宣言します。
法令等の遵守
弊社は、個人情報の保護に関する法律(個人情報保護法)その他の関連法令、関係官庁からのガイドラインなどを遵守して、個人情報を適正に 取扱うとともに、安全管理について適切な措置を講じます
従業員教育
弊社は、個人情報の取扱いが適正に行われるよう従業員への教育・指導を徹底します。
個人情報の利用目的
弊社は、取得した個人情報を、保険会社から保険募集業務の委託を受けて、当該業務の遂行に必要な範囲内で利用します。
   弊社は複数の保険会社と取引があり、取得した個人情報を取引のある保険会社の商品・サービスをご提案するために利用させていただくことがあります。 また、弊社は[企業経営・労務に関する分析診断及び指導]業を営んでおり、当該業務の遂行に必要な範囲においても、取得した個人情報を利用します。
   弊社における具体的な個人情報の利用目的は次のとおりであり、 それら以外の他の目的に利用することはありません。
   @弊社が取扱う損害保険、生命保険およびこれらに付帯・関連するサービスの提供
   A企業経営・労務に関する分析診断及び指導およびこれらに付帯・関連するサービスの提供
   上記の利用目的を変更する場合には、その内容をご本人に対し、原則として書面などにより通知いたします。
   弊社に対し保険募集業務の委託を行う保険会社の利用目的は、 取扱い保険会社のホームページに記載してあります。
   
 個人情報の取得
   弊社は、業務上必要な範囲内で、かつ、適法で公正な手段により個人情報を取得します。
 個人情報の第三者への提供
   弊社は、法令で定められた場合を除き、事前にご本人の同意なく第三者に個人データを提供しません。
 センシティブ情報のお取扱い
   弊社は、政治的見解、信教(宗教、思想および信条をいいます。)、労働組合への加盟、人種および民族、門地および本籍地、保健医療および性生活ならびに犯罪歴に関する個人情報(「センシティブ情報」といいます。)については、法令・諸規則に定められた場合のほか、原則として取得、利用または第三者提供を行いません。また、適切な業務運営を確保する必要から、センシティブ情報を取得、利用または第三者提供する場合には、ご本人から同意を得るものとし、厳正な取扱いを行います。
 見直し・改善
   弊社の個人情報の取扱いおよび安全管理に係る適切な措置については、適宜見直し、改善いたします。

 個人情報保護法に基づく保有個人データの開示、訂正、利用停止など
   1.弊社は、顧客の立場に立ってその意思を尊重し、また、諸法令及び弊社が定めた取扱ル−ルに従い、 誠実かつ適正な募集活動を行い、社会貢献していきます。
   2.弊社は、より質の高い顧客サ−ビスを提供することに努めます。
   3.弊社の社員及び募集人の知識や説明スキルの向上を図る為、教育研修を更に充実強化していきます。
   
お問合せ・ご相談・苦情への対応
   弊社は、個人情報の取扱いに関する苦情・ご相談に迅速にご対応します。
   ご連絡先は下記のお問い合わせ窓口となります。 また保険事故に関する照会については下記お問い合わせ窓口のほか、保険証券記載の保険会社の事故相談窓口にも お問い合わせいただくことができます。
なお、ご照会者がご本人であることをご確認させていただいたうえで、ご対応させていただきますので、あらかじめご了承願います。
   
連絡先  さくら保険株式会社 苦情・相談窓口 電話 0568-74-2772